角質くすみについて

角質くすみについて

角質くすみについて

くすみのさまざまな種類のひとつ、「角質くすみ」は、簡単にいうと、古い角質が肌に残っている状態が原因でくすんでみえるくすみです。
そもそも肌は大体28日のサイクルで細胞が生まれ変わっています。これをターンオーバーと言い、ターンオーバーが正常であると、古い角質は剥がれ落ちて、新しい細胞に生まれ変わる仕組みになっています。

 

ところが、何らかの原因でターンオーバーが乱れると、剥がれ落ちるはずの古い角質が残ってしまい、肌はくすんでしまいます。
つまり、角質くすみの根本的な原因は、ターンオーバーの乱れにあります。

 

ターンオーバーを正常化させてくすみ対策!

 

くすみの原因が角質の場合は、ターンオーバーを整えることで改善につながります。

 

ターンオーバーについてですが、何層もの組織で重層されている肌は肌の表面にある細胞(角質)が死滅したときに剥がれ落ちて、新しい細胞が出てくる仕組みになっています。これがターンオーバーです。

 

このターンオーバーは一定のサイクルで行われています。
正常とされるのが28日サイクルです。ただし、個人差や年齢にもよって異なり、28日〜56日サイクルが基本です。

 

このサイクルが長くなるほど、ターンオーバーが乱れることになります。

ターンオーバーはいわば肌の新陳代謝で、ターンオーバーが崩れると古い角質が表面に居続けてしまうため、顔全体が暗いイメージになってしまいます。

 

ただし、ターンオーバーが早いほど、角質くすみが改善できたり、美肌になるわけではありません。28日を基準に正常なサイクルを維持することが大切です。

 

ターンオーバーを整えるためにはピーリングなどの方法がありますが、基本は生活習慣を整えることにあります。

くすみのケアにオススメ!サプリメントランキング